i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.02 (Tue)

【自慰祭り】第二十弾_02




  ■ 「敦賀くんの猥雑な日々」act.2
  from  farewell farewell みんなで納豆様


More・・・



「……っう、キョーコ……」
目の前が一瞬スパークしたように真っ白になる。吐き出した白濁した欲望は、ソファーや写真集に飛び散り、
だらしなくなった蓮自身はぴくぴくとまだ白い体液を流している。
「……………」
空しさが込み上げてくる。いつもそうだ。キョーコに自分の気持ちを今の時点では伝えられないもどかしさ。
それを嘲笑うようにキョーコは蕾から花へとサナギから蝶へと美しくなってゆく。
俺しか知らないキョーコが、皆の注目を浴びる。芸能界にいるなら喜ぶべきだが、
キョーコを独り占めしたいという独占欲に駆られる。
でも今の段階では無理なのだ、中途半端な自分には……蓮は深いため息をついた。

***

ラブミー部の依頼として、夕食作りに来ていたキョーコは、リビングに置いてある自分の写真集に驚いた。
「ひ―――っ!なぜ?なぜ?これがココにあるの?」
シャワーから出てきた蓮は、キョーコの悲鳴に驚いて駈けてきた。
「最上さん、どうした!!」
手に自分の写真集を持ちながら
「な、な、な、な、なぜ?敦賀さんがぁ~(内緒にしてたのに~恥ずかしい!!)」
「あ……(ヤバい、仕舞うの忘れてた)」
お互いすごい顔で固まるが、最初に口を開いたのは蓮だった。
「ああ、それね……俺はショックだったよ……君に色々と相談に乗っていたのに……写真集のこと黙っていて…」
俳優のスキルを最大限に利用しながら哀しげに言う。
「そっ、それは……社長が敦賀さんには黙っておけと……」
「社長が?」
「はい、実はこの話を頂いたとき、相談しようと思っていたんですが……社長がサプライズ企画だから、
誰にも言うなと……だからモー子さんにも内緒で……後でこっぴどく怒られましたけど……敦賀さんもそうなんですか?」
瞳を涙で潤ませながら、上目遣いで蓮を見るキョーコ。
「(うっ…その目に弱いんだよ)……そうだね……俺も琴南さんと同じ思いかな……あんなあわれもない格好……」
言いかけた瞬間、蓮はしまったと思った。プルプルと身体を震わせるキョーコ。
「もしかして……もしかして……御覧になられたんですか?あの袋とじを……」
無表情になりながら不定も肯定もしない蓮。
「やっぱり……だから怒りのあまりに、こんなにヨレヨレのガサガサにされたんですね!!このページなんか、くっついて離れません……すいません。お目汚しで……」
後ろの袋とじページをパラパラと捲りながら言うキョーコ。
言えるわけがない、君を思うあまり欲情して写真集に自分の思いを吐き出した。
それがこの写真集のなれの果てだと……
しばらく考えていたら、キョーコのすすり泣く声が聞こえた。
「もっ……最上さん?」
「うっ…グスン。色気のない女が、こんな写真集をだすなんて神をも冒涜する悪行ですよね……グスン(神の申し子である敦賀さんがお怒りになるのも、もっともです)」
「………」
「こんな恥ずかしい姿見られて……」
「そうか……恥ずかしい姿を俺に見られて、嫌だった?」
「えっ?イヤ……というゴニョゴニョ……」
「最上さんの恥ずかしい姿を見た俺はフェアじゃないよね?」
キュララキュララな笑顔で言う蓮。
「……と申しますと?(ひっ、なぜキュララスマイル?)」
「俺の恥ずかしい姿を最上さんにみてもらおう」
首に掛けていたタオルを取り、シャツのボタンをひとつずつ外す
「あっ……あの敦賀さん?」
バッとシャツを脱ぎ、上半身が露になる。鍛えぬかれた身体が眩しい。
「あわわわわっ……」
スラックスのベルトを外し、ボタンも外す、チャックを開けて……
「ひ――――っ!止めてください!!後生ですからぁぁぁ」
土下座をしながら懇願するキョーコ。蓮は軽くため息をついて、チャックを上げた。
「ホラ、泣き止んで?……写真集を黙ってだしたことと、それを教えてくれなかった君にちょっと怒っていたけど、写真集の内容はとても良かったよ?売り上げ数が、はっきりとその評価を顕しているだろう?だから自分を卑下することはないよ」
「でっ…でも、じゃあなぜ、このページだけ……」
「……ごめんね?コーヒーこぼして……(ウソだけど)」
「そうでしたか……ホッ」
「君の写真集を汚すつもりはなかったんだ(これ本心)いい出来具合に驚いた拍子にね……(掛けたものは別モノだけどね)」
「そうでしたか…構いません。こんな写真集、敦賀さんなら何度汚されてもヘッチャラです!!」
(このお嬢さんは……可愛いことを……言う……でも汚したいのは、君本人だよって言ったらどんな顔をするだろう)
「あっそうだ」
パンと手を叩き、カバンの中からB5サイズの紙袋をだし蓮に渡す。
「敦賀さん、今日社長から預かったものです」


つづくん




 なんと、さらにここでとな!?(叫ぶブタ) 

01:54  |  自慰って寝ろ!!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonamebuibui.blog95.fc2.com/tb.php/122-3ae5d6b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。