i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.02 (Tue)

【自慰祭り】第二十弾_03




  ■ 「敦賀くんの猥雑な日々」act.3
  from  farewell farewell みんなで納豆様


More・・・



「社長から?」
袋を開けてみると手紙とDVDが入っていた。手紙は一行だけ『一人で見ろ』と書かれているだけだった。
夕食を済ませ、キョーコを下宿先に送った後、蓮はDVDをセットした。
画面いっぱいにローリィの顔が映し出される。
『よっ!蓮。マリアから聞いたぞっ!最上くんの写真集、三冊も譲り受けたんだってな~水くさいぞ?俺に言ってくれれば三冊と言わず30冊や300冊も渡したのに!!』
(……社長……貴方に遊ばれると判ってて……だから……)
そして、にったぁぁぁぁと嫌な笑いをしながらローリィは言う。
『これから流れる映像は最上くんのお宝映像だ。……写真集の撮影スタッフは全員女性で揃えた。だから最上くんも安心して撮影できたと思う……まぁ、続きは見てのお楽しみ……お前の気持ちを知ってて黙ってて悪かったな。教えていたらお前暴走するだろう?まぁ、これは詫びの印と日頃、仕事を頑張っているお前へのボーナスだ!じゃあな!!』
画面は一瞬真っ黒になり、次に青い空が映し出された。
『この水着……布の面積が少ない……』
真っ赤な顔をしながら、胸元と股間を手でおい隠すキョーコ。
『大丈夫、大丈夫、ハミ出ていても、こっちでちゃんと直すから安心してキョーコちゃん♪』
女性スタッフ達の明るい声に安心したのか、今までのはにかんだ顔からプロの顔に変わるキョーコ。
「……………」
『いいわよ~キョーコちゃん。そう、その表情!グッとくるグッとね!!』
カメラのフラッシュに合わせながら、悩ましげなポーズをとるキョーコ。
『うーん、ちょっとイメージが……キョーコちゃん好きな人いるの?』
女性カメラマンが質問するとキョーコは
『そっ、そんな人いません!!私は仕事に生きる女ですから!!』
『えーっ?でも困ったなぁ~男を誘うような目付きでポーズとってもらいたいんだよね~』
『お、お、お、おとこをさそう?』
『そう、誘惑する目付きよ……好きな人がいないなら、気になる人ぐらいは?』
『気になる人ですか?……いないこともないですけど(そんな大それたこと)』
『じゃあ、その人を思い浮かべて誘ってみてよ!!仮にも女優でしょう?キョーコちゃん』
女性カメラマンの挑発的な言葉に負けず嫌いのキョーコに挑戦という二文字の炎が燃え上がった。
『……わかりました。その人を浮かべて……誘惑するような……淫乱な女を演じれば、いいんですね!!』
『(淫乱って…)まぁ、そうね』
再びカメラのフラッシュとともにキョーコもポーズをとる。ドキッとするほどの媚びた目付きに、蓮の分身も熱く固くなってゆく
「……そんな目付き……どこで覚えた……」
『いいわ~いいわよ~キョーコちゃん!女の私でも誘惑されそう~』
「気になる人は……誰なんだ……」
『次、スコールの用意して!!』
『人工雨いきまーす』
雨に濡れながらも、艶かしいポーズと艶っぽい顔をしながら、白いマイクロビキニが濡れて透けるのも気付かず、懸命に撮影に挑むキョーコ
「!!!!!」
ビキニのトップスからは小さな突起物が2つ現れ、胸の形も露になる。パンツはうっすらと茂みを写す。
『あっ、こりゃダメだわ。NG!NG!!終了』
の声と共に画面もプッと切れる。
「……………」
すでにそそり立った自身を無我夢中でしごく。複雑な想いに駆られながらも、人工雨に濡れたキョーコの悩ましい姿が、蓮の淫欲に火を付ける。
(誰を思っている?俺の知っている奴か?……こんなにも君に溺れている俺は……好きだ……好きだ……好きだ
…キョーコ!!)
白い体液が勢いよく飛ぶ。目の前がうっすらと暗くなる。
「うっ……キョーコ……」

***

「敦賀さん?敦賀さん?起きて下さい!!」
可愛らしい声で目が覚める。愛しいキョーコの声。
「…………!!」
バッと飛び起きると、ソファーの上に寝ていた全身裸の自分がいる。
「キャッ!!」
手で目を覆い隠しながら、ゆでダコになって立っているキョーコ。
キョーコが掛けてくれたタオルケットで身体を隠す蓮。
「えっ?なぜ最上さん……が?」
「昨日の帰り、車の中で言ったじゃないですか~////今日、敦賀さんも私もオフなので、朝食作りに来ますって……スペアキーも預かって……あの……私見ていませんから////敦賀さんの裸……見ていません!!」
踵を返してキッチンに向かうキョーコの手首を掴み、抱き締めた。
「……見たんだろう?俺の裸……」
「……………」
「沈黙は肯定だよね……」
キョーコはまだ眠っているだろうと蓮を起こさないように、そっと部屋に入ってきた。
するとリビングのソファーから蓮の頭が見えた。



つづくん




 こここ、この!! ヒキの鬼!!(叫ぶブタ) 

01:54  |  自慰って寝ろ!!  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonamebuibui.blog95.fc2.com/tb.php/123-5a5afde4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。