i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.02 (Thu)

【頂戴もの】 きょこつむり&カラス蓮根 SS


  ■ ワルプルギスの祝祭日
  from  瑠璃様


  ともにょんたんから頂いた彩色イラストに、瑠璃りんが妄想してくれました!!
  きょこつむりの原案・彩色イラスト元のともにょんたんにお許しいただきまして、
  今日ココにupさせて頂けるのを幸せに思う。

  カラス蓮君がスゴイあくじ…うえっふ、げふ、ごほ。 な、何でもありません。
  さあ!めくるめくファンシー(の仮面をかぶったほのぐらい微エロ)な世界を楽しんで!!


More・・・


むか~し、むかし、あるところに、キョコつむりという。パールピンク色のマイマイがおりました。
キョコつむりは、その身体の色そのまんまのメルヘン思考な娘。
今日もピンクの花の上、乙女チックな物思いにふけっております。

ところで皆さんは、何でピンクのマイマイ?
鳥に狙われないの?って不思議ですよね。
そこはそれ、ピンクなのは、ピンクの花が大好きで、ピンクの花ばかり食べてたから、
そう、言えば単に保護色だったのです。
だから、ピンクやグリーンや、パープル、レッドと、食べる花や葉っぱの色により、
いろいろな色のマイマイが、この世界にはおりました。

しかし、なかでもこのキョコつむりは、メルヘン思考が過ぎたのでしょう。
好んでピンクの花ばかり食べ続け、いつの間にやら光沢を放つ
ドピンクパール色になってしまいました。
そうなると、キョコつむりはきっと、みんなに苛められてひとりぼっち…、
或いは鳥に狙われてあっという間に…、とかお思いでしょうね。
でもやっぱりそこはそれ、マイマイも鳥さんも色盲だったので、
ドピンクパール色でも、な~~んの不都合もありませんでした。
キョコつむりは美味しい花と、仲良しのモー子さんと、幸せに、脳天気な毎日を過ごしておりました。

さて、そうは言っても、キョコつむりの色は、ひときわ輝くパールピンク。
いくら保護色とは言っても目立たない訳はありません。
雨上がりの太陽のもと、その陽射しを浴びてキラキラと、他に類をみない輝きを放っておりました。

さてさて、そこに現れたのは、そう、漆黒のカラス蓮君です。
ピカピカしたものをこよなく愛し、愛でる彼ら。
虹の雫を受けたかのように光るキョコつむりは、彼らカラス族にとって、
彼でなくとも、是が非でも手に入れたい、生きた宝石でした。

彼が、初めてキョコつむりに出会ったのは、ひぃのふぅの、なのか前の事です。
エサを探して、仲間と空を飛んでいた時の事。
上空からその鋭い目をこらすと、一面のお花畑の中に、何かかすかに光を放つものが見えました。
それはほんの一瞬で、わずかな瞬きのような光。
カラス蓮君でなければ見落としていたでしょう。

「あれは何だろう?」
その一瞬の瞬きが、カラス蓮君の関心を引き寄せました。
いくら食事に関心がない蓮君でも、エサは必要です。
どっかの世界みたいに十秒メシなど、この世界にはありません。
食べないと怒る、有能果敢なお兄ちゃんもおりません。
ましてや、光るものには目のない、彼らカラスの目を惹くには充分な輝きでした。

群れの仲間は、何の変哲もないお花畑には関心はないようで、
ひとりお花畑に向かって、群れを離れる蓮君を置いて、
最近見つけたエサ場に向かって、飛んで行ってしまいました。

その時、蓮君の耳に、風に乗って可愛らしい声が届きました。
「いっやー!。こっちこないで。」
訝しく思いながらも、気づかれないように、羽ばたきを抑え、風下から静かに近づくと、
そこにいたのは、ドピンクパール色に輝くキョコつむりと、黒光りしたマイマイカブリのレイノ君。
どうやら蓮君の目にとまったのは、キョコつむりの殻の輝きだったようです。
漆黒のカラス蓮君は、パールピンクのキョコつむりの愛らしさと、その輝きに、
心にギラギラとした感情が湧くのを感じました。

キョコつむりは必死で逃げようとしますが、マイマイとマイマイカブリでは、
どうやっても勝ち目はありません。
ここであったが百年目とばかり、レイノ君に、たちまち捕まってしまいました。

と、ここで、普通ならとっとと餌食になるところ。
それがわかるキョコつむりは、必死で殻にこもります。
そんなキョコつむりに、嗜虐心をそそられたのでしょう。
逃がすつもりなど、レイノ君には、毛頭ありません。
どうやら、ゆっくりゆっくり、キョコつむりをいたぶることに決めた様子です。

(さ~て、どう料理しようかな…)
思案しつつ、キョコつむりの殻の口にその長い触手を引っ掛けます。
そうして、殻の扉をふさぐ蓋を、味見をするかのように、チロチロと舐め回しました。
「ほう~?甘いな。お前の身体はなんて甘いんだ。
それにこの香り。なかなかの上物じゃないか。ひと思いにヤルのは惜しいな。」
考える素振りをしながら、今度は後ろ足で、キョコつむりのお尻とおぼしき辺りを
引っ掻きはじめました。
蓋を必死で押さえながら、キョコつむりにはなすすべもありません。
頭の上からは不気味なささやきが、お腹の下の方からは嫌なカリカリ言う物音が、
二重に殻の内部に響いて、思わず気が遠くなりそうです。

「ふえ~ん。モー子さーん。もう会えないのね…。
今度のお祭りには、絶対2人で行こうねって約束してたのに…。ゴメンね。ゴメンね。」
ここにはいない親友のモー子さんに、泣きながら謝りはじめました。

そう、雌雄同体の彼らマイマイには、オスメスの区別はありませんが、
年に一度、4月30日の夜には、伴侶を見つけるお祭り、ワルプルギスの祝祭日があるのです。
それがあと10日後に迫っていて、キョコつむりは、
「はぁ?伴侶? はん!くっだらない。なんでワタシが?」
そう吐き捨てたモー子さんに
「でも、でも、年に一度のお祭りだよ。
いっぱい仲間が集まって、ダンスが出来て、きっと楽しいよ。
私たちには足はないけど、お祭りの日だけは足がもらえるんだよ。
私モー子さんと踊りたいの。
ねえ~。行こうよ。絶対伴侶を見つけなくちゃいけないわけじゃなし。お‥ね‥が‥い!」
上目使いでおねだりされれば、モー子さんとて、う、この子、お祭りなんか危なくて、
ひとりじゃ行かせられないわ。危機感ないんじゃないの?
まだ子供のいない彼女でも、ふつふつと母性本能をくすぐられてしまいました。
「も~、しょうがないわね~。ダンスだけよ!」
「ありがとう。モー子さ~ん。愛してる~。」
そんなやり取りの末に、一緒に行く約束をしていたのでした。
キョコつむりは、いつものように、ピンクのお花の上で、
お祭りの日の髪型は、とか、メイクは、とかもの思いにふけっていて、
不埒なレイノ君の接近に気づかず、捕まってしまったのでした。

「もうだめ~。サヨナラ。モー子さん。」
レイノ君の不気味な精神攻撃と、こじ開けようとする強い力にあきらめかけた時です。
なぜだかふっ、と殻にかかっていた力も、不気味な声も止み、すべてが終わりました。
「あれ?」
ソロリソロリと、おそるおそる外を見ても、あれほどの存在感で、圧倒的な力で、
自分を組み敷いていたレイノ君の姿がありません。
でも、自分のパールピンクの殻には、忌まわしいレイノ君の、引っ掻いた跡が残っていますし、
イヤらしく舐められたのも、夢ではありません。
何がなにやらなキョコつむりでしたが、これ幸いと逃げ出しました。

そう、皆さん言わずとも、もうお分かりですね~。
輝くピンクのキョコつむりを襲う、不埒なレイノ君は、蓮君に瞬殺されて、
本日のご飯となりはてたのでした(笑)

それがピンクの花の上にいた、ピンクのキョコつむりと、漆黒のカラス蓮君との、
種族を越えた出会いでした。


そうしてあれから一週間、つまり彼は、キョコつむりの愛らしさに一目惚れし、
他の誰かに盗られては一大事と、暇があれば通いつめ、見守っているのです(ストカだね…)。
この数日だけでも、弥勒君や貴島君、光君など、沢山の有象無象が、
キョコつむりの知らない間に、現れては消えて行きました。
どんな小さな虫でも、カラス蓮君の、鋭い観察眼からは逃れられません。
可愛らしいのに自覚のないキョコつむりは、「自分なんか狙う奴がいるなんて」っと、
夢にも思いませんが、実は、他に例を見ない、パールピンクの彼女は、
近隣のみんなのアイドルなのでした。

今日も木の枝の影に隠れて、キョコつむりを見守る蓮君の目の前で、
その時、なんの拍子にか、桃色のキョコつむりが、にこぉっと満面の笑みを浮かべました。
その頬は、殻の色のようにピンクに輝いています。

「‥‥‥////。(あ~、可愛いなぁ。食べちゃいたいくらいだなぁー!!!)」
心の声ダダもれな蓮君です。
あー、でもカラス蓮君、それシャレになってませんから…。食べたらアウトですからぁ。

そうして、可愛らしい彼女を見守りながら、かつ今日もご飯にも困らないという、
一石二鳥三鳥な蓮君なのでした。

明後日は、キョコつむりが楽しみにしているお祭り、年に一度の祝祭日です。
夜半の闇に紛れ、漆黒のカラス蓮君とドピンクパールのキョコつむりは、
その日、運命的な出会いを果たすのでした。


k_tumuand_kren2.jpg
※運命的な出会いを果たしたキョコつむり&カラス?蓮くん(何故か久遠)

(おわりん)




ブラボー!瑠璃りん!!!
あなたに拠ってマイマイとマイマイカブリの力関係をはじめて知ったブタなのでした。
な ん た る 豆 知 識!!!!!

そして微エロファンシーというあらたなる世界の扉をアリが問う!!!

PS
そのうちここにきょこつむり巨大化verカラス蓮君との出会い絵をupシル予定です。
ブタより

PS
こっそりupしてみたお。
姐さん事件です。ガッツがペンタブを破壊しました。
うおお~、アンソロにしかつかってないのにぃ~!!!
そんなわけでマウス塗りに復帰してしもうた事もあり、色々小手先でスマンス。。


20:28  |  頂き物・捧げモノ  |  Trackback(0)  |  Comment(13)

Comment

こ・ん・な・に・長かったのか???

豚さま、ともにょんさま

私の勝手に続き妄想、こころよく受け入れていただき、ありがとん~なのです。嬉しいです。
自分しかし、これコメ欄に落とそうとしたのかよ…。なんちゅうはた迷惑!!

>微エロファンシー
えええ?これ健全っしょ?(←っと驚いてみる)

>きょこつむり巨大化verカラス蓮君
を、一瞬、
「巨大化きょこつむりvsカラス蓮君」
と間違えたアホですぅ。(←怪獣映画かっちゅうに)
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。。。><
瑠璃っち |  2009.07.02(木) 23:11 | URL |  【編集】

ユルサナイ!!!

>「巨大化きょこつむりvsカラス蓮君」

でもこれ書いてくれたら許す!!!wwww

この度は素敵SSをせんQでごわした!!!!!
コメ欄投下も万事OKだけども、折角の力作、
こうして記事にさせて頂けてえがった!!!!!

健全…健全か…(薄目)
まあ確かにカラス蓮君はプラトニッキーだけども、

き ょ こ つ む り の 触 手 プ レ イ を
 健 全 と は い わ ん の じ ゃ ー!!

パーフェクト!!
(毛インコ杉のものまねをする山本氏ふうに)
buta |  2009.07.02(木) 23:35 | URL |  【編集】

感謝申し上げますv

瑠璃っちさま、豚さま。

溢れる愛に感謝申し上げますv
蟻が党。蟻が党!

>「巨大化きょこつむりvsカラス蓮君」

な、なんと!!!
想像出来てしまう摩訶不思議v

>き ょ こ つ む り の 触 手 プ レ イ を
 健 全 と は い わ ん の じ ゃ ー!!

イエース!だってここの部分、えっ/ち~クサイよvvv
では、私も大根プレイで応戦をv
ともにょん |  2009.07.02(木) 23:52 | URL |  【編集】

感謝感激雨霰

ぶいたま 
触手プレイはnot’健全!。名言いぇい^^w。

ともにょんさま
想像出来ました?
東京タワー(古い)に登るキョコつむりと、カラス蓮君の空中戦とか
偽足がキャタピラよろしくカラス蓮君に迫るとことかが、浮かんでは消えです。

浮かぶんだけど…、書けない~~><。
瑠璃っち |  2009.07.05(日) 12:08 | URL |  【編集】

うわ~ん。ありがとうございますぅ。

キョコたんがめちゃ可愛い~~w。
おめめに星が見えるのは気のせい?。気のせい?ピンクのティアラも可愛いいし。
でもどうしてティアラに変わるのがわかったんですか???
久遠君も王子様だし、一目惚れで恋に落ちた瞬間って感じですね。

ぶいさま。ちょー素敵画をありがとうございました。
でもどうしよ。どうしよ。久遠君は想定してなかった…。。。こっちも萌える!!!!!!

PS.
ペンタブ君、ご愁傷さまでした。ガッツ君は無敵ですね。
瑠璃っち |  2009.07.07(火) 06:28 | URL |  【編集】

コメが伸びれば気がつくだろう

buibuiさんは時々こーして、こそっとUPするから、コメには全部目を通さないと見逃してしまうのよねw
今回の朝のトラップはメルヒェンvv
基本乙女(否定を認めず)な華麗は朝から超ゴキゲンvるんるん

それにしても……二つ上の空中戦が気になってしょーがねぇぇぇーーー
まあ |  2009.07.07(火) 07:56 | URL |  【編集】

うわぁあぁ

豚さま!

きょこたんがメチャ可愛いのですが!!!
すーてーきー・・・(うっとり)
久遠王子もかっこいいし、へえへえ。
朝から素敵な絵を拝めました。
良い事ありそうです!

(この場をお借りして)
瑠璃っちさまv

・・・空中戦っていうと、蓮カラスの羽手裏剣vsきょこ角ビームって感じでしょうか?
動けなくなったきょこつむりにジワリと迫る帝王カラス・・
いえ、独り言ですから~
ともにょん |  2009.07.07(火) 09:46 | URL |  【編集】

ともにょんさま

こちらこそ、溢れる愛をありがとうございます。

>空中戦
羽手裏剣に、きょこ角ビーム…。まさにそれそれ!そんな感じです。異種族間loveならぬ、異種格闘技やわね。
瑠璃っち |  2009.07.07(火) 13:59 | URL |  【編集】

なんだチミたつわ(しむらふうに)

日記。
今日は婿殿がハネノレ乃トビラを見て泣いていた。
いったいぜんたいどうしたのかと訊ねてみれば、
あぶちゃんがさいごにけんやくんに料理を選んでもらえて、
ほんとうによかったなあ…と思えたら涙が出てきたという。

なんたる 愛 く る し さ。

そしてこちらにきてみれば、
ナンだか巨大化怪獣談義に花が咲いている不思議。

これもまた 愛 く る し い。


■瑠璃りん
この際、大怪獣決戦までずっぷり書いていただくと素敵だと思うの。
(キラキラした目で上目遣いに瑠璃りんを見つめるブタ)

しかし…。

>偽足がキャタピラよろしくカラス蓮君に迫る

ど  ん  な。
(色々な葛藤があるらしいブタ)

それは果たして、今でもラブストーリーなのかい?と
小一時間問い詰めたい…そんなブタなのでした。

PS
ティアラは多分、集合無意識から
テレパシーが来たんじゃないかなと思う。
(w嘘さ!何気に22巻のスリーピングキョコたんを見ながら書いただけさ!)
(だから瑠璃りんは瑠璃瑠璃の企みを完遂なさるといいと思うのさ!)


■華麗なる乙女(薄目で)たん
なんか、オデのPCって線画をスキャンしると若干縦長に表示されるんだお…
気に入らんくて横に引き伸ばしてupし、携帯で確認シルと、
こんだ横長に表示される(のばしているのだから当然ナリが)
こ の 甲 斐 の な い 労 力。

ホアー。(←実写映画化デビノレマソの主人公ふうに叫ぶブタ)

そしてさりげなく空中戦に食いつくそのあまりのさりげなさに、
乙女としては如何なものかと小一時間問い詰めたいブタなのでありました。

乙 女 の 定 義 を 原 稿 用 紙 5 マ ス で 表 現 す べ し!!!


■友よ
あなたまで空中戦にくいついて…(涙
しかし…。

>蓮カラスの羽手裏剣vsきょこ角ビーム

ど  ん  な。
(色々な葛藤があるらしいブタ)


>動けなくなったきょこつむりにジワリと迫る帝王カラス・・


……!!!!!(←なにか目からウロコがばりばり剥がれていったブタ)

!!!!!!(←ぐっと親指を突き出してウインクするブタ)

!!!!!!(←瑠璃りんのほうを振り返って返す手で親指を突き出すブタ)
buta |  2009.07.08(水) 23:17 | URL |  【編集】

5マスだお

>乙 女 の 定 義 を 原 稿 用 紙 5 マ ス で 表 現 す べ し!!!

ヲ レ ヲ ト メ

はいっ! 5マス!
まあ |  2009.07.10(金) 22:02 | URL |  【編集】

とんちに負けて…

■華麗なるまあたん

勝負にも負けた。

な ん た る 口 惜 し さ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


PS
乙女が俺女たるこの計算されつくした理不尽さ!!!
ある種の萌えどころ!!!
buta |  2009.07.11(土) 03:16 | URL |  【編集】

な・ん・と!!

>それは果たして、今でもラプストーリーなのかい

((((゜д゜;))))すっげ盲点。

華麗なる御方
お見事^^v。座布団運びたいわぁ。
瑠璃っち |  2009.07.12(日) 09:03 | URL |  【編集】

ラプストーリーは突然に…

怪獣大戦争へと変貌を遂げるわけですな?
怪獣キョコたんと怪獣蓮がくんずほぐれつする…。

そ れ も ま た よ し!

>ともにょんWrote
>動けなくなったキョコたんを…

こ れ で 万 事 OK!!!!!


さりげにいつも華麗なるカレーパンの
華麗なる大喜利に翻弄される
いたいけなブタなんだぜ。
buta |  2009.07.14(火) 02:53 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonamebuibui.blog95.fc2.com/tb.php/148-805e88a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。