i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.05 (Wed)

【つるかめ物語 邪ま篇07】

***07

More・・・



「まあ、結果オーライってことで」
 白い鶴の王は、苦笑いを浮かべながらもどこか小気味よさそうに言った。
 嵐の去った海辺の砂浜に、ふたつの秀麗な美が佇む。
 人の姿を取った人外の王たちは、戦った間柄が嘘のようにどこか牧歌的な雰囲気を漂わせた。
 憮然とする黒い龍の王が、松太郎をねめつける。
「そもそもおまえなんぞがあらわれねば、こんなことにはならなんだのだ」
 憤懣やるかたないといった様子で、懐をかばうように撫でる。
「…俺のお陰で、なるようになったともいえるだろうが」
 悪びれない白鶴の言葉に、黒龍が険悪な目つきを見せる。その時、蓮をなだめるように、懐が蠢いた。
「おお、大丈夫か、キョーコ」
 蓮が衣を合わせた懐を探って覗き込むと、キョーコがひょっこりとこぶし大の頭を覗かせた。
 白鶴の一撃で肉体を失ったキョーコは、その魂を蓮の砕いた龍の珠と結合し、結晶化することによって、かろうじて『存在』を取りとめたのだ。
「大丈夫だよ、蓮」
 ふよふよと浮かぶ足のないキョーコの、小さな幽霊然とした姿を見て、蓮はほっとしたもののどこか切なげに吐息をついた。

「…こんな有様では、まぐわいもならぬではないか…」
 本当に残念そうに言うのに、そこかよ、と思わず白鶴が突っ込む。
「いいじゃねえか、生きてるんだから」
「おまえが言うな」
 キッとにらむのに、キョーコが慌てて蓮をなだめにかかる。ごめんな、と繰り返す小さな存在を流し目で捉えた蓮は、仕方なさそうにその頭を撫でた。
「…まあいい」
 指で顎下をくすぐるようにして、蓮はキョーコに唇を寄せた。おとなしくそれを受けるキョーコが、小さく頬を染める。
 確かに、忌々しい鶴の王が言うとおり、キョーコは蓮のいのちと結びついたのだ。

 ―――もう、永劫に離れる事はない。
 それを思うと、蓮の心はかつてないくらいに平穏になった。
「…そのうちに変化の術も教えてやろう」
 機能を止めたキョーコの肉体の全ては、その血の一滴に至るまで、結晶化して龍の珠のうちにある。
 つまり、おそらくは、
(肉体の甦りも、成るに違いない)
 悪戯そうに微笑んで、蓮はひとりごちた。
 いつか、前のままのキョーコをも取り戻せるだろうことを、彼はこっそり確信していたのだ。
 でも、今は。
 あどけない顔で蓮を見るキョーコに向かって、蓮は微笑んだ。
 いじらしい、この小さな命を、ただ慈しもう…と。
 蓮の穏やかな表情を見て、キョーコは彼への愛しさをあらたにした。

 ふたりなら、夜も行ける、と彼は思った。
もう何もこわくないと、少女は思った。

…そうしてふたりは、身を寄せ合って、互いのぬくもりを確かめあった。



<了>
to be 健全篇


※おつきあい下さった方に、心からの感謝を込めて……(豚)
23:02  |  鶴亀  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonamebuibui.blog95.fc2.com/tb.php/181-a77788be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。