i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.09.19 (Wed)

【BK祭】ZyONkoのらくがき日和@Zyo n ko 様の敦賀くん ※2012/09/25:画像差し替え

濡れています……

敦賀君が、ずぶ濡れです……



さあ!


↓モレ!

More・・・

■これはまた正統派に美しいですねえ……!
(薔薇風呂のその後イメージかなー)

zyonko_mini.jpg

--------------------------------------------
こちらのイラストは、ファイル容量の関係で、
ちょっと解像度を下げちゃったので申し訳ないのです。
保存時の圧縮率を下げたり、色々してみて、
いちばん元が損なわれていないかな、と思う
ところを選択したんですが、それでもちょっと
元よりは劣化しちゃいました…(スライディング土下座)

※2012/09/25:画像差し替え
某S様から、画質を下げずに容量だけ下げる、という
夢のようなツールをご教示いただいたので、ソレを使いました!
頂いたデータままの大きさ、画質で、あらためてお楽しみくだすぃ!


みっ、水の中の、かっ下半身が見たいなー……、なんて、いっ、いっちゃうよ!!!(豚)
17:00  |  ぶっかけ祭り  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

おおぅ!

ワイシャツのふわぁ~っと感が心地良いですね!お美しいです!
SHIRo |  2012.09.19(水) 22:59 | URL |  【編集】

確かに!!

Zyo n ko 様

初めまして。
蓮とても格好イイです!!
そして下半身が(ry
ヒョー㌦ |  2012.09.20(木) 00:17 | URL |  【編集】

シャツの透け感も素晴らしいと思うのです!

花びらを一枚めくってしまいたい衝動に駆られました(^q^)
のゆ |  2012.09.20(木) 21:45 | URL |  【編集】

美しい!!

こんばんは~
透けるシャツ!浮かびあがる引き締まった肌!!滴る黒髪~・・・麗しさに惚れ惚れです~ゴチです♪
ひかり |  2012.09.20(木) 23:54 | URL |  【編集】

返信遅れてすみません><

>SHIRo様
はじめまして。コメントありがとうございます。
シャツの濡れ具合の表現にはとくに頑張りました。

>ヒョー㌦様
はじめまして。コメントありがとうございます。
格好いいと言ってくださってありがとうございます。

>のゆ様
コメントありがとうございます。
めくりたくなるように、花びら配置狙いましたwそう思っていただいたようで嬉しいですw

>ひかり様
コメントありがとうございます。色気出るように頑張りました〜麗しいって言ってもらえて嬉しいです.
Zyo n ko |  2012.10.01(月) 23:29 | URL |  【編集】

SS…ひっそりひっそりどうぞです。

はう、すごく遅れてしまった上にぶっかけまで持っていけなかったので、ひっそりこっそりお届けしますた。




「じゃあ敦賀くん、シャツだけになって水の中入ってね。」

女性カメラマンにそう声をかけられ、俺はバスローブを脱ぎ、社さんに預ける。


今回のアルマンディのCFは、世界的に有名な日本人女性カメラマンとのコラボ作品になっている。
彼女の持つ独特の世界観が、最近のアルマンディ氏のお気に入りらしい。
CF撮影の件を熱烈にアピールしたところ、二つ返事でOKがもらえたそうだ。

そして、同じ日本人繋がりと言うことで、モデルには俺が選ばれた。
(まぁ、本当は純日本人でもないのだが…素性を公表していないのだから仕方ない)

水を張った浅めの大きな水槽の中に、ざぶざぶと波を立てながら入っていく。

着ているのは、アルマンディの白いデザインシャツ1枚のみ。
他にはなにも身に付けていない。

下着も着用はしていない。

『美しいものはそれだけでも十分アートなんだから、華美な表現は一切せずにシンプルにやらせてもらいます。』

打ち合わせの際、イメージコンテを見ながら彼女が言った言葉。
その言葉通り、用意されたものは白いシャツ1枚と、大量の水を入れた浅く広い水槽。
それから深紅の薔薇の花びらだった。

予め指示されていた位置まで行くと、そこに座り込む。

「よーし、花弁散らしてー。」

その言葉と共に、水槽内に一気に赤い薔薇の花弁が大量に投入される。

ゆらゆら……

ふわふわ…………

水槽のほぼ中心にいた俺のところまで、花弁がゆったりと流れてくる。

ライトを浴びて、ほんのり青く見える水との色合いがなんとも美しい。

(こういうの、最上さんが好きそうだな…)

青と赤の綺麗なコントラストを見ていると、ふとクイーン・ローザを手に持ち、はにかんでいる愛しい子の姿を思い出した。

綺麗なもの・可愛いものが好きな彼女なら、きっとこう言った撮影も喜んで受けるのだろう。
同じように『裸同然の姿で撮影に挑め』と言われたら、わからないけど………

「じゃあ絵コンテのイメージ通り、横たわって適当にポーズとって。」

花弁が適度に散ったところで、指示が入り、水の中に体を浸ける。

ふんわりと肌を包んでいたシャツが、一気に水を吸い纏わりつく。
温めの水が、髪を四方に散らす。

たゆたゆと揺れる水面が、頭皮や肌の敏感な部分を愛撫するかのような動きを見せ、思わずその気持ちよさに流されそうになる。

しかし気にする必要はない。

もともとモデルと言う仕事は、身体が第一の商売道具だ。
人前で裸になる事など、よくある事。

ショーの裏側など、男女関係なく裸で歩き回りながら着替えをしている。
そうでないと間に合わないのだ。
ある意味見られ慣れてしまっている。

そして、本日のカメラマンの彼女も、裸体撮影などよくこなしている為、今更どうと言うことはない。

スタッフも最小限の人数、女性も少な目に抑えられているこの状況下では、勃ったからどうこう沸く人間はいないのだ。

「うんうん、いい感じ。じゃあ手の甲とかさ、額に当ててくれる?……そうそう、そのままねー!」

ぱしゅっ、ぱしゅっと大型カメラ独特のシャッター音が響く。

そんな音を聴きながら、俺は心地よい水の愛撫を受け愛しい娘を思い出していた。

(ああ…綺麗なんだろうなきっと)

絵コンテで見た通り、白いシャツのみを身に纏い、赤い花弁舞う水の中に横たわる最上さん。

きっと小さくて柔らかな膨らみは先端を桃色に染め、水を吸った白いシャツでは透けてしまうのだろう。
大胆に露出される白い脚は、その付け根の繁みを隠すことも出来ず、ゆらゆら揺れる赤い花弁に飾られて。

その繁みの奥の花園は蕾を固く閉ざしたまま、密かに誰かに荒らされる日を待ち望んで………

(あ……やばいかも?)

美しい芸術になるだろうと思い浮かべたはずの彼女の半裸に、不埒な願いが混じり合い、中途半端に兆しを見せていた自身が欲望を露にした。

「あら!色気がぐんと増したわよ?敦賀くんそのままよっ!?」

これはまずいか?と思ったが、花弁が上手いこと下半身を隠してくれているらしい。
カメラマンの賛辞に、まあ写り込まないのなら結果オーライと甘え、妄想を続ける事にする。

揺らめく水面の愛撫を、頭の中で彼女から与えられる刺激に変換させる。

触れるか触れないかの絶妙なタッチで、俺を翻弄する細い指先。
全身を這う温かい唇と舌。

これだけ気持ちよくしてくれたなら、お返しはたっぷり可愛がってあげないとね……

愛しい彼女の肌を思い、カメラのレンズに視線を向け―――



カメラのずっと奥に、顔を真っ赤にさせて俺を見つめる、本物の最上さんを見つけた。

(えっ…どうして!?)

その隣には、大きな茶封筒の束を抱える社さん。
…そう言えば、今日中に目を通さないといけない書類が山程届いたと、連絡を受けてたな。

まさかラブミー部に書類の配達が依頼されるとは……

若干強張っても見えるその表情が、ナニを視線の先に捉えているかだなんて想像に難くない。
その表情に若干のショックを覚えつつも、離れる事のない彼女の視線に自身はますます力を蓄えていく。

(あぁ…いま何を考えてるんだろう……)

くりくりとした大きな瞳はこぼれそうな程見開かれ、赤く潤んでいる。
ぽてっとした愛らしい唇は僅かに開かれ、俺の姿に見入っている事を伝えてくる。

そして、見られている俺だから、今までたくさんの『彼女たち』を相手にして来た俺だからこそ分かる。
僅かに震えるからだが、上気する頬がかすかに『オンナ』としての反応を示している事を告げていた。

それに気づいた瞬間、雄としての本能が自身の下半身を熱くさせ、彼女を捕らえるための罠を張り巡らせるために色気を更に放出させる。

「わあぁ!敦賀くん凄いわね!これはいい画になるわー…!!」

いくら水の反射や花弁である程度隠れるとは言っても、カメラマンやスタッフにも既に見えているであろう。
俺が昂っているのは。

でも今は、そんな事はどうでもいい。

俺を見て、戸惑いつつも可愛らしい反応をくれているあの娘を、どうやって捕まえようか。


控え室に連れ込む口実を。

社さんをどこかへ追いやる手段を。

彼女のからだに直に触れる取っ掛かりを。


カメラの向こう側で、初々しい反応を見せてくれる彼女と目線を絡ませながら、そればかりを考えていた。







************

本当はラ○フカードのオダ○リジョーみたいに、キョーコに昂っちゃった自分見られて「どーするよ、どーするよオレ!」みたいに悶えつつも見せびらかす(!)蓮にしようかと思ってたら…
なんだか方向性がちょっと違う。
ぶっかけてもないですしね。

元絵の美しさを損ねてたらごめんなさいZyonkoさんm(__)m
マック。 |  2012.10.26(金) 15:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonamebuibui.blog95.fc2.com/tb.php/262-7c7fe035

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。