i2i無料WEBパーツ
FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.07.18 (Wed)

■千夜一夜物語_パラレルエロ02 

召されて、幾つかの夜を経た。
証立ての際の王の執拗さは夜を追うごとに酷くなり、少女を苛んだ。

More・・・


ただ、その残酷な遊戯のあいだ、時折王の目がひどく真剣に少女を見つめる瞬間がある。
シェヘラザードはそれに気付かない。
自らの淫蕩を責められ、嘲笑されて、最後は放り出されて、寝入る王の褥から抜け出し…
自らにあてがわれた居室へと戻る。

夜伽の物語など、ひとことも話してはいない。

こんなはずではなかった…でも。
だとしたら、どんなはずだったというのだろう?

私はあの人に、何をしたくて…

お会いして、ただ、お会いしたくて。
心を込めてお仕えして………そして。

あの人の、どこか歪に凍り付いてしまったような心を、お慰めする事が出来ればと。

浅はかだったのかもしれない…。

シェヘラザードは、しんとして思う。
女の体を持つ以上、あの人に赦される事はないのかもしれない。
ことにいま、この瞬間も、王の手の感触を忘れかねて身を滾らせている自分には。

シェヘラザードは、甘い息をついて、体を起こした。
ここからでは、王の褥に…近すぎる。
夜伽の語り部という名目で召されたとはいえ、周囲にとってシェヘラザードは
その出自の確かさからも、容貌、ふるまい、全てにおいて申し分のない、事実上の妃であった。
何よりも、王の褥に召されて、二日目の朝を迎えた娘ははじめの王妃以来で、
婚礼の次の日、少女が王にともなわれ姿をあらわして以降、
王宮にはひそかに驚愕と、歓迎と、これで国中が落ち着くという家臣一同、
召使から老人たちに至るまでの安堵とが席巻した。
…勿論かれらは王と少女がかわしているひそやかな賭けには気付いていない。

居室は王の部屋とつづきの、王妃の部屋として設えた処をあてがわれており、
王の呼び声にはすぐに対応できるよう、いつも側近くいられるよう、準備されている。
だから…夜は困った。

シェヘラザードは、そっと部屋を抜け出した。
降るような星空が美しかった。
庭園に降り、絹擦れの音もしとやかに夜の中を歩く。
周囲を砂漠に覆われた中、贅沢にしつらえられた木々の間を抜け、瀟洒な東屋に滑り込むと、
彼女はようやく落ち着いたようにため息をもらした。

そっと、周囲をたしかめるように小さな頭をめぐらせて、誰もいないことを確認する。
美麗なモザイクの施された柱にもたれかかると、彼女は自らの裾を遠慮がちに引き上げて、
恥じらいながら、ふるえる指でおのれをまさぐった。

こんなことを覚えてしまったのも、ここに来てからだった。

王が触れた指の動きをなぞり、滾ってしまった体を慰める。
今日はこんなふうに…こうして………そして。

たわいない少女の体には、すぐに待ち焦がれていた絶頂がやってくる。

(シャーリアールさま………)

声にならない呼び声。決して呼ばわってはならない名前。
少女は、終わりにはいつも泣いてしまった。
罪悪感と、恥ずかしさ、自分に頼むところのなさがなさけなくて…消え入ってしまいたかった。

こんなところを王が見たら、何と言っていじめられるだろう。
快感の果てがあることなんて、それだって知らなかったのに。

(帰りたい……)

ふとはじめて、シェヘラザードの中にその思いが湧いてきた。

(おとうさま、おかあさま……)

シェヘラザードはまだ本当に少女だった。
男女の睦事など何も知らない乙女のまま、恋にその身をさらして…。
王の玩びものになるにはあまりにも無垢なまま。

ふらり、と東屋を出る。足が向いたのは、あてがわれた王妃の部屋とは反対の方角だった。

そのままいけばどこに出る…という意識もなく…
ただ、今この時だけは、王の元に戻る事は出来ない心境だった。

どれくらい歩いただろう…シェヘラザードの眼前に、赤く燃えるほのおの影がゆらめいた。

(……あ  )

厳しい声で誰何する、門番のすがた。
いつのまにか、後宮の門まで歩いたらしい。

門番たちは、一目見て高貴な婦人であるところのシェヘラザードの姿を見て、その場に平伏した。
同時に、後宮の住人がこんなところまで出てくる異常事態に緊張をしている。
彼らは、外からの侵入者を阻む役目もさりながら、
特には女奴隷などの内からの逃亡者にも備えている者たちだった。
互いに見交わし、そっと立ち上がる。

「ただならぬお人とお見うけいたします、このような刻限にこのような場所に何故」

屈強な兵士に行く手をさえぎられて、シェヘラザードは震えた。
すがるように、兵士たちを見上げ、涙に溜めた目で哀願する。

「………ここから…出してくださいませんか…………」

兵士たちに動揺が走る。

「……おねがいします……ここから…かえして……」

ぽろぽろと涙がこぼれる。
ただならぬ美形に、ただならぬ物腰、貴族の娘ならもっと居丈高なものを、
たよりなくしなだれかかるような弱々しいようすに、みな心を衝かれたように固まる。
…と同時に、いまこの後宮に、こうした存在として住まう貴婦人がただ一人しかいないことに、
隊長とおぼしき年配の男が気付いた。
思わず青ざめる。

「…し、 ――――――――シェヘラザード…さま?」

ぴくん、と少女がふるえた。
兵士たちがぎょっと隊長をふりかえる。

「……い、いけません、すぐに、すぐにお戻りを 」

慌てた様子で兵士たちが右往左往をはじめた。

「王にこのことが伝わりましたら御身が無事ではすまされません、どうかお戻りを」

シェヘラザードは、悲しそうに兵士たちをみつめる。
隊長は許しを請うように言った。

「貴女様が我々のまえにお出ましになったと知れた時、そのお姿を見た我々も無事ではおられません、
どうか、どうかお慈悲を…」

シェヘラザードは隊長の言葉にはっと自分を取り戻した。
自分は、なにを…と、そっと周りを見渡す。
熱に浮かされたように、出てきてしまった…。
さっと青ざめる。


「…既に、無事ではおられぬが 」

背後の闇から、嗤いを含んだ声がひびいた。
兵士たちはそちらを見、口をあき、あるものは悲鳴をあげ、あるものはあわあわと口をわななかせ、
再びばたばたと平伏した。今度は地に額を擦り付けるように、顔を上げるものはひとりもいなかった。

振り返ったシェヘラザードに、腕を組んで立つ王の美丈夫な姿がうつる。

(いつから……どうして……―――――――――)

わっとおしよせる思いに、めまいがした。
王は静かに歩み寄ってくると、手近にいた兵士のひとりをいつのまに抜いたかわからない大刀で
一刀の元、切り捨てた。
兵士たちのあいだに恐慌が沸き起こる。

シェヘラザードは悲鳴を飲み込んだ。

王はシェヘラザードの前に立ち、悪魔のような目で覗き込み、片頬をあげて嘲笑った。
それで、王はぜんぶを知っている、ということが少女に知れた。
さいしょから、ぜんぶ。
それにしても、嗤いをはりつけたような美貌の奥、目の奥の奥に、
すさまじい不快と怒りが渦巻いているように見えるのが怖かった。

「おまえのせいだぞ…?」

王はいっそやさしく見えるような仕草で手を伸ばすと、
指についた兵士の血を、シェヘラザードの頬に、そっと擦り付けた。

王が、踵を返して兵士たちに向き直る。
赦しを乞う声、震える…。
明確な殺戮の意思に、シェヘラザードは一瞬からだを震わせて…力を振り絞って駆け寄り、王に抱きついた。
目の端に、はじめてみる人の死骸…さっきまで生きて動いていた人の、血溜まりのなかにくずおれた…死骸。
吐いてしまいそうだった。

「いけません、わたくしがわるうございました、王、お慈悲を…っ」

必死に押しとどめようとしがみつくのに、王がゆっくりと肩越しにふりかえる。

「いかにも、悪いのはおまえだ。この者たちの咎はおまえが成さしめた」

冷酷なひとみ、残酷な王者の傲慢。泣きそうになった。

「はい、ですから、どうぞ咎はわたくしに…わたくしだけの身に。なんでもいたします、
どのようなことでもいたします、ですから……どうか彼らを…ころさないで………!」

王は、かすかに唇を尖らせた。
折角の殺戮の機会を邪魔されたことを不興がるようにも、
何のゆかりもない兵士たちの命乞いを身を挺して行う娘を面白がるようにも。

「…なんでも、どのようなことでも……?」

本当に?

「はい…、はい、 ですから、どうか……どうか」

必死にしがみつく少女の非力さ。
ふと思いついた残酷なお仕置きに、血に飢えた高ぶりがスライドしていくような感覚を覚えた。

「わかった……ではおまえにおまえ自身の罪と、彼らの罪を合わせて贖わせよう。」

ほっと力を抜いた少女の目が、緊張からほどけるのを見て、
その顎を掴みあげる。

「…安心するのは……まだ早いぞ……?」

鮮やかな微笑と酷薄な声音に、シェヘラザードだけでなく、兵士たちの血の気もひいた。
身を挺して、自分たちを守ろうという王妃に、残酷な刑罰が与えられる、と思うと、
隊長の心が激しく痛み、彼は思わず立ち上がり、震える声で王をよばわった。

胡乱そうに王が振り返る。

「お恐れながら、我々の罪はお妃さまのお姿をまのあたりにしたことと存じます……」

隊長は、ふるえながら必死の形相でいいつのった。

「その通りだ、余の妃は、そなたら下賎の輩が目にして良いものではない」

王が鷹揚に頷く。

「…ですから、それは、わたくしが…っ」

シェヘラザードは悲しく叫んだ。

「であれば」

初老の隊長は、手にした短刀で、言葉と同時に自分の両目を抉り取った。
血がしぶく。シェヘラザードの悲鳴。王はわずかに目を細めただけだった。

「…数ならぬ身のものではございますが、私のこの両目にかけて、
お妃さまのお罪を少しくはご容赦を…何卒」

切れ切れに言って、うめきをもらし、その場にうずくまる。
周囲の兵士が隊長をかばうように這いよった。
シェヘラザードが泣き出す。

王は、少女をひょいと抱え上げ、兵士たちに一瞥を加えると、興味を失ったように背を向けた。


(ごめんなさい…ごめんなさい――――――――――――――)


夜の中、少女の嗚咽だけがいつまでも、響いた。

22:30  |  千夜一夜CM  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

脱走編

こんばんは、数々の名作を読ませていただきありがとうございます。
シェヘラ脱走編、良かったですよ。「千夜一夜」ってもともと王様が花嫁を処刑する場面がでてくる内容だから兵士の死の描写がでてきたことに引くというのは妙な気がしますが。あちらの板ではどうもそういう意見もあるようですね。


あちらの板で初夜編の予告があったのでお待ちしていましたが、あちらの読み手は注文が多いようで、もしかして落としにくくなっていらっしゃいますか?


もしそうなら、残念です。完成されているならこちらを先に落としていただけると大変うれしいです。


私としては読み手と書き手では書き手のほうが遥かに大変なのだから、読み手があまり注文をつける姿勢に疑問を感じます。それでもそれがあちらの板の流儀なら仕方ないんでしょうが、それならもういっそこちらのブログだけにしてしまった方がいいのではないでしょうか?初夜編の書き上げたものがあちらの住人になにか言われるような部分があるなら、短いバージョンでアップしてロングバージョンをこちらでアップするとかしてみてはどうでしょうか?


それから、大天使編もとても読み応えありました。
次の生が天使か人間か、はたまた女神か興味がありますね。人間だったら面白がった社長の手で、赤い糸で結ばれたキョーコと松太郎との仲をありとあらゆる手段を使って守護天使の蓮がぶち壊す話とか。


すみません。気の利いたことがかけない分、また長々と書きすぎました。


それでは失礼いたします。
虹スキ |  2007.07.25(水) 19:54 | URL |  【編集】

早朝からおはようございます。

お気使いを有難うございます。




千夜一夜初夜篇をとりあえずこちらにupしました。


予告しましたので、あちらにも投下するつもりです。背中を押して下さって有難うございます。


そうですね……今後はこちら一本にするか、何かを使って
全体をもうちょっと見やすくまとめる方向に移行しようと思います。
あちらは短い間でしたけど、投下者として色々刺激をもらって有難かったです。
自分の性格的に迂闊な部分がスレの雰囲気を悪くしてしまってほんと住人さんがたには申し訳なかったです。


最後くらいなにもヘマしてないといいけどなぁ…。してそうだなぁ…(笑




>人間だったら面白がった社長の手で、赤い糸で結ばれたキョーコと松太郎との仲を
>ありとあらゆる手段を使って守護天使の蓮がぶち壊す


ううっ…暴れん坊敦賀君萌え………。
豚さん |  2007.07.26(木) 04:38 | URL |  【編集】

レスありがとうございます。

こんばんは、レスありがとうございます。


初夜編、楽しませていただきました。内容の濃いすばらしい作品でございました。ありがとうございました。


それにしても
「暴れん坊敦賀君」 ですか。


いいフレーズですね。ツボにきました。
私が書いた妄想からは全くそれてしまうのですが、
「暴れん坊将軍」が貧乏旗本の三男坊が実は将軍というのは基本なんでしょうが、「暴れん坊敦賀君」のちょんまげというのは…。どうなんでしょうか?(私は面白いと思いますがきっとみなさまにはうけないと思います。)パラレルならいいかもしれませんね。


また、暴れん坊敦賀君と鶏の坊とのコラボ(悩み事相談とか対談)というのも楽しそう。


朝からこんなアホなことなかりが頭を離れませんでした。(暴れん坊将軍のオープニング付き。今も頭の中に響いています…。)


守護天使の蓮というのを読みたいのも本当です。


社長が大好きなドラマの〔愛の大嵐〕や乙女ゲーム
ばりのラブロマンスを期待して色々な障害
(例えばキョーコの赤い糸の相手が松だったり、ビーグルがでてきたりリーダーがでてきたり。蓮が6歳のキョーコに会ったあと10年間再開できなかったり)
をこさえて楽しんでいる。」
というのが裏設定です。
この妄想に使える部分があればいくらでも使ってください。


また長くなってしまいました。


これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
虹スキ |  2007.07.26(木) 22:42 | URL |  【編集】

深く静かに…

>>暴れん坊敦賀君


いろんな萌えツボを押されてしまって言葉もない私なんですが、
暴れん坊敦賀君と坊の恋愛相談室(←なにがなんでも無理っぽい)
暴れん坊敦賀君と坊の人生相談室(←とにかくろくでもない)
とか。


ちょっとあちらに出ていたネタを拝借すると(いいのか?)水戸黄門で


黄門様⇒キョーコ
スケさん⇒蓮さん
カクさん⇒松さん


なんかもいいなぁ…と。
蓮さんは世を忍ぶ仮の姿で実は将軍様だった…とか萌えます。
恐れ多くも先の副将軍キョーコのピンチに印籠ならぬ
「しずまれい、しずまれしずまれい」で名乗りをあげたり。


…やっぱり……ちょんまげですよねえ……。




>>守護天使レン


SSであつめてひとつの大きな流れに出来そうですね…。
大事にあたためてみます!!


書きたいもの覚書きでも作ろうかな…と考えてます。


また遊んでやってください!!!
豚さん |  2007.07.28(土) 07:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nonamebuibui.blog95.fc2.com/tb.php/30-1e7d4db4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。